非日常に憧れて

ハヤテのごとく!を応援しています。TOP画像は畑先生のまんが家BACKSTAGEよりお借りしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のハヤテのごとく!第333話

第333話「特別な何か」

祝・公開直前サンデー表紙&扉絵カラー!

第333話扉絵

忘れられない夏になりそうです!!

というわけで、ハヤテのごとく!333話見て行きましょう!


ナギがルカと出逢ったあの日。
神さまみたいだと思った。
特別な力を持った特別な人だと思った。
自分とは違う特別な・・・・・・。

そんな彼女もまんがでは違った。
ステージで輝いていた彼女も、まんがではそんな光を感じない。

ルカは言った。
「誰かに与えられた力じゃなくて・・・自分で選んで手に入れた力で、特別な何かになりたい」

自分と同じ・・・対等な気がした。

そして、誓った。一緒に一兆部売れるまんが家になろうって。

・・・・・・・・・。



そして、ヒナのアドバイスを元に、新たにまんが(ネーム)を書いたルカ。
「面白い・・・」
読んでみたハヤテの感想。今までと全然違う・・・・・・。

ヒナには考えがあった。
例えばテスト。
80点を90点に。90点を95点に。95点を100点に・・・・・・。
最初から高得点を満点に近づけるのは難しい。
では、20点を50点には?
それは簡単だ。抜けてる基礎を固める。たったそれだけのことでいいのだ。

それをまんがに置き換えると?
それは「誰でも読める」ということ。
その当たり前だけど、見落としがちなその点に集中し、
「誰でも読める」つまり「読んでもらう」そして「評価してもらう」その1点に尽きる。
いきなり100点は目指さない。まずは確実に50点。

さらに、ヒナの狙いはもう一つあった・・・・・・。

「どうして30部なんですか?」

確かに、今、「一定の面白さ」を得たルカのまんがならば、
50部だって100部だって売れそうな気がする。
だけど今回は、あえてそこは狙わない。
とにかく「完売」という成功体験をして欲しい。
決して高望みではないが、自分たちで決めた目標部数が完売。
それはとっても嬉しい事。
その体験が次へとつながる。次への自信と勇気に。
そしてその勇気がさらなる成長へとつながる。

今、ヒナはルカにその体験をさせるために、確実な一手を講じているのだ。

ヒナギク


そして、ナギは      

サイト作りにいそしむナギ。それを見てしまった千桜さん。

「おい!!なんだよこのサイト!?」

これは同人誌の宣伝サイトだと、平然と答えるナギ。
さらには当日、マリアの写真集的な小冊子を同人誌につけるのだという。

激怒する千桜さん。

「目的が変わってるだろうが!!」

ナギは答える。変わってなどいない。最初から売るのが目的だ、と。

言い争う千桜さんとナギ。

数が出ればいいってもんじゃない。問題は中身。
自分の力を試すってのは、そういうことじゃないのか?

違う。話題を作って、それをさばく。それも自分の力だ。
「数は正義」、大事なのは数字。その数字が価値を決める。

「だからって・・・!!こんなやり方普通じゃない!!」

平行線をたどる二人。

結局のところ、ナギの気持ちはただ一つ。

普通の能力で普通のやり方をして・・・普通にがんばって普通の結果に仲間同士満足する。
そんな・・・そんな生き方はしたくない。

ナギは・・・ナギの想いは・・・・・・、

ナギ

ナギの鬼気迫る気迫に、言葉を失くす千桜さん・・・・・・。


もう、千桜さんにはわからない。
コミサンでのナギとルカ。二人の結果がどうなるのか・・・・・・。

ここまできたら、売れるかどうかは      

コミサン



いやぁ、千桜さんにはもうちょっとがんばってほしかったかな。
十分カッコ良かったけど。
それにしてもナギが何かに取り憑かれているようだ。
まんが家への挫折。
同人誌即売会の経験。
真泉との対決。
ルカとの出逢い。
これらが、ナギの中の何かを縛り付けてるように思います。

そして、舞台はコミサンへ・・・・・・といったところでしょうか。

今週も畑先生のバックステージを見てみましょうか。

うーん・・・本誌の事はあまり触れられてませんね。

それよりも、やはり、映画公開直前ということで、
いろいろな話をされておりますが、
伊勢神宮での話・・・・・・やはり何か運命めいたものを感じますね。
その子の名前ははたして・・・ハヤテの名前からとったのかどうかはわかりませんが、
神聖な場所での、一瞬だけの運命的な出会い。
その瞬間、畑先生は身体が震えたんじゃないでしょうか?

そんなこんなで、来週からはいよいよ6/12のお話。

あぁ、それを見る頃にはもう映画を見てしまってるんだな・・・・・・。

ではでは、乞うご期待です!







8月はみなさまにアンケートをお願いしております。
まだの方は、ぜひともご協力お願いします。
お一人様一回までです。
ちょちょっと、ぽちっとよろしくお願いします。

※この画面から投票できない場合は、
「投票結果」から「投票する」のタブをクリックして、投票してください。





無料アクセス解析






無料アクセス解析






無料アクセス解析


関連記事
スポンサーサイト
ルカが自分の力で成り上がりたいなら同人誌販売の会場には向かわないべきですね。
人気アイドルだとバレたらそれこそ自分が望まない宣伝になってしまいます。
2011/08/24(水) 11:26:31 | URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[編集]
前みたいに変装するんじゃ・・・・・・。
2011/08/24(水) 22:54:34 | URL | ユーノ #-[編集]
変装した所でバレる人にはバレるでしょうし。
(着ぐるみでも色んな意味で上手く行くとは限らない気が)
2011/08/25(木) 06:28:24 | URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[編集]
まあ、そこはバレないという前提で、絶対に自分で参加して欲しいですね。
(完売したとして)後から完売の結果を聞くよりも、
自分自身で完売の瞬間を体験して欲しいですから。
2011/08/25(木) 20:57:05 | URL | ユーノ #-[編集]

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://surrealstory.blog135.fc2.com/tb.php/397-52589f96
今回も同人誌制作の2パターンを描くお話。 着実に力をつけて行こうとするのか? マーケティングや話題性で数を売るのか?って所です。 まぁ、ナギが挫折してそこからまたどうやって 立ち直るのか?を...
2011/08/24(水) 05:48:31 | アニメ・マンガを愛する日々。
週刊少年サンデー39号のハヤテのごとく! 第333話「特別な何か」の感想です。 扉絵、ハヤテもあれだがマリアさん、カチューシャ外そうか・・・^^;
2011/08/24(水) 06:45:56 | とっくりん
今週は表紙&巻頭カラーです 水着で素敵なヒナギクさん 相変わらずペッタンk(ry 第333話「特別な何か」 「器の大きさ」の定義に 物事の決断をどれだけ先延ばしにできるか というものがあり...
2011/08/24(水) 11:41:40 | ヒナギクちゃんねる!!
 おお、話数が333とゾロ目だ。なんだか気分がいい。そして今回は映画公開直前表紙&巻頭カラー!
2011/08/24(水) 19:44:56 | たすくがめぐる冒険
こんばんは。けんむろです。 今日は水曜日。 早速ハヤテ感想にまいりましょう。 今週のハヤテは表紙&巻頭カラー。 扉絵にはなんとも豪華なイラストが載っていますが、あれ?誰か大事な人足りなくな...
2011/08/25(木) 03:39:19 | 春風よ、吹け

プロフィール

ユーノ

管理人 : ユーノ
--------------------------------
連絡等は下記よりどうぞ。
メールアドレス
surrealstory.blogユーノgmail.com
ユーノを@に換えてください。
Twitter
http://twitter.com/hiro1974_yuno
通常使用しています。
http://twitter.com/surrealstory
ブログ用のアカウントです。
(記事更新ツイート、ちょっとした感想等)
※鍵付きです
--------------------------------

web拍手 →web拍手 by FC2
こちらもポチッとお願いします!

応援バナー

ハヤテのごとく!SNS ハヤテのごとく!SNSバナー ハヤテのごとく!Cuties ハヤテのごとく!Cuties はじめまして。「それが声優!」 はじめまして。 ハヤテのごとく!オンリーイベント 執事とらのあな10

FC2カウンター

100万HIT達成!ありがとうございます!

カテゴリー+月別アーカイブ

 

最近記事+コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブクログ - web本棚サービス

アニメBD&DVD

TVゲーム

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。