非日常に憧れて

ハヤテのごとく!を応援しています。TOP画像は畑先生のまんが家BACKSTAGEよりお借りしました。

今週のハヤテのごとく!第557話

終章 What A Wonderful World ⑨ 「to the beginning」

「確認できてない石があったが…発見できて良かったよ」

わっ、姫神キタ。
なんか帝は、こう動けば出てくると踏んでの行動だと言ってるけど、
マジメな奴うんぬんの話はいったい……。

そんなこんなのハヤテのごとく!
ネタバレ注意でこのあとすぐ!


  


「今度こそ…死ぬ気で守れよ!」

帝が吠える!
戦闘か!?

いや、なんか姫神は争う気はないらしい。
提案しに来た、と。
全員が幸せになれる素晴らしい案。

姫神

遺産はナギに?
え、そうなの? じゃあそれで……。
なんてわけにもいかず……。

君は王族の力で願いを叶えたいわけではないだろ?
姫神が語りはじめる。
それはナギやヒスイも同じ。特に願いなんてない。
だが、ヒスイに遺産も力も両方手に入れさせるのは危険。
夜空が余計な力をヒスイに与えてしまったから。
ああ、あれは姫神にも計算外だったのか。

「それに…あの力は元々僕らのものなんだよ」

僕「ら」……?
姫神と紫子。
僕「ら」とは、この二人のことを指すらしい。

「捕らわれの神様を救うため、紫子が王玉を持って僕の前に現れた」

そのとき、姫神は紫子に一目惚れし、ただただ彼女の樹を引きたくて……、
その場で王族の力を使ってみせた。
寿命50年分と引き換えに……。

そして紫子と約束。
いつか紫子が王族の城にたどり着いた時、神様の力がそこにあるから願ってほしい。
姫神が叶えた愚かな願いをなかった事にしてほしい、と。

城の中なら寿命を奪われずに願いを叶えることができる。
その代わりに城から出られなくなる。
でも、姫神が叶えた願いがなかったことになれば、
姫神は再び王玉に触れられるようになるため、
紫子を助けに行くことができる。

そして時は流れ、約束通り紫子は城までたどり着いた。
でも彼女は願わなかった。
手に入れた王族の力を…別に何かに使ってしまった…。

「僕との約束は…きっと忘れてしまったのだろう…」

「一目惚れした女が結婚してた事実に耐えきれず、
全てを忘れるため王玉に触れた男が何を言う」


相変わらず根暗な奴じゃのう、と銀華ばあちゃん。
あれは誤って触れただけ、触れた石を壊せば元に戻るなんて知らなかったし。

「なんにしても、あと少しなんだ」

姫神2

そうすればみんな幸せだ。
ナギだってもう寂しくない。

「ですが似たようなことを願ったキング・ミダスは…」

姫神の独りよがりな独白を遮るのはアテネ。
キング・ミダスは肉体が滅んでも死なず、城を彷徨う亡霊となっていた。

「愛する人がそんな姿になってもいいと…」

「でも倒したじゃないか!」

だから大丈夫。きっと方法はある。
姫神にアテネの言葉は届かない。

「だから僕の提案を聞いて、紫子をもう一度      

「たとえ、もう一度会えたとしても      

今度は、今まで黙って聞いていたヒナが遮る。
その人はあなたを…きっと好きにはならないわ…。

…………。

届かない…想いもあるのよ…。

ヒナ…なんか自分にも言い聞かせてるみたい……。

「交渉は…決裂だな」

ヒナの言葉で、昂ぶってた気持ちが冷めたかのような姫神。
当初の予定通り…力はヒスイと手に入れる。

「僕とヒスイで全てを手に入れてみせる!」

去っていく姫神。

あの……ハヤテ、一言もしゃべってないし、答えてもないんですけど……。

すぐに部下に後を追わせる帝。
まームダでしょうねぇ。
とりあえず、迎え撃つ準備を進めましょうか。





「ハヤテのやつ、今日も帰らないのか?」

お屋敷では、ナギとマリアさんが二人きり。

……。

「でも、一年前はこんな感じだったよな」


姫神がいなくなって、ハヤテと出会う前は…こうしてマリアと二人きりで…。
その頃のことを思い出すナギ。

ナギとマリア

姫神がいなくなったあとも、ハヤテがやってくる前も、
常にそばにいた二人。
その二人にも別れの時が近づいているのを、
言葉だけでなく、肌で感じ始める二人。

では、せっかく二人きりなので…。

「楽しいことを…しましょうか?」





マリアさんは、何をする気なんだ……。
ナギとマリアさんの二人のことならいいんだけど……。
イヤな予感がしないでもない……。


関連記事
スポンサーサイト
毎週感想読ませて頂いてます。最終回まで頑張ってください!
最終的にハヤテはナギと結ばれる!と信じ続けて幾年月、もうどうなってしまうのでしょうか...。初期でもアテネ編でも伏線らしきものが張られてましたし、ナギがいなくなって初めて彼女の大切さ(恋愛的に)に気づく、という展開を切望してます...。
ヒナギクの想いが辛かったですね...。ハヤテが別にナギのことを恋愛対象として好きではない、と気づいたとき、ヒナギクはどう出るのでしょうか...。ここからのヒナギクの大逆転ホームランは望み薄でしょうが、何らかの形で報われて欲しいとも思います。
そしてマリアさん...何する気なの...。
ナギのハヤテへの依存度高まっていくのが怖い...怖いよ...。
2017/01/25(水) 23:22:31 | URL | マールム #-[編集]

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://surrealstory.blog135.fc2.com/tb.php/1994-34e7c0b8

プロフィール

ユーノ

管理人 : ユーノ
--------------------------------
連絡等は下記よりどうぞ。
メールアドレス
surrealstory.blogユーノgmail.com
ユーノを@に換えてください。
Twitter
http://twitter.com/hiro1974_yuno
通常使用しています。
http://twitter.com/surrealstory
ブログ用のアカウントです。
(記事更新ツイート、ちょっとした感想等)
※鍵付きです
--------------------------------

web拍手 →web拍手 by FC2
こちらもポチッとお願いします!

応援バナー

ハヤテのごとく!SNS ハヤテのごとく!SNSバナー ハヤテのごとく!Cuties ハヤテのごとく!Cuties はじめまして。「それが声優!」 はじめまして。 ハヤテのごとく!オンリーイベント 執事とらのあな10

FC2カウンター

100万HIT達成!ありがとうございます!

カテゴリー+月別アーカイブ

 

最近記事+コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブクログ - web本棚サービス

アニメBD&DVD

TVゲーム

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる