非日常に憧れて

ハヤテのごとく!を応援しています。TOP画像は畑先生のまんが家BACKSTAGEよりお借りしました。

今週のハヤテのごとく!第564話

終章 What A Wonderful World ⑯ 「すべては君を愛するために」

ハヤテを見つめる西沢さん。
……これはいったい?

クライマックスまで残り5話、
ハヤテのごとく!、ネタバレ注意でこのあとすぐ!


  


ガンガン……
ガンガン……

剣で何かを一心不乱に叩き付けるハヤテ。
西沢さんが聞く。
何をしてるのかな?

「敵を…やっつけてるんですよ」

お嬢さまを傷つける敵を、全部……。
そこには父さん、母さんと書かれた人形が。
姫神やヒスイと書かれてるのも見える。
全部…天王州さんから聞いたよ。だからもう…こんなことやめよう?

お嬢さまを傷つける敵の名前には、『ハヤテ』もいた……。


王玉が落ちた辺りへと向かう咲夜が見たものは、
王玉をガードする球体。
それを破壊し、王玉を取り出すのは時間がかかる。
その間にヒスイが目覚め、王族の力を手に入れる。
それは、姫神がかけた保険だ。

だったら作戦変更だ。
もう王玉に頼れる時間がないのなら、
中にいるハヤテを目覚めさせれば!
意識に直接呼びかけるあの機械。
あれならハヤテの意識に直接もぐって起こすことができるかも。

よし、それでは!
このクラウスが必ず綾崎ハヤテを目覚めさせ……グフッ!!
最後まで言い終える前に血吐いた!?
ハヤテの意識には入り込めたものの、ものすごい強さで目覚めるのを拒否された……。

ハヤテが目覚めたくない?
いったい何があったのか。

「とても…とてもひどいことが…あったんだ…」

父さん側を見ていた千桜さん、母さん側を見ていたドクター黒須。
二人から話を聞くアテネ。
なるほど…ナギが道を開いた原因もそれか…。

しかしこれはマズイ。
王玉はダメ。
ハヤテも目覚めない。
これでは……。

ハヤテの心を開ける…強い繋がりの人ならもしかして…。
アテネがこう言うのなら、もうアテネではダメだということなのだろう…。
じゃあマリアさん?
でもマリアさんはもう…。
となったら、やっぱりアテネ?
いや、アテネよりふさわしい人がいる。
アテネは誰を思い浮かべているのか。


公園で、白皇のパーティーに思いを馳せる一人の少女。
何やってんだろ…私…。
何を…やってきたんだろ…?

あの日、あの時、ハヤテとの様々な思い出がよみがえる。

ハヤテ君……。

「歩さん!!」

そんな西沢さんに声をかけるのはアテネ。

「おねがい…ハヤテを…助けて…」


剣が折れても人形を叩き続けるハヤテ。
それでも、まだ続けるの?
静かに問いかける西沢さん。

これは報い。
言ったのは母さんだ。

「これは全部、僕のせいだって…」

それでも…ハヤテ君は頑張ったよ。

西沢さんの言葉はハヤテに届くこともなく、
とうとうハヤテはこんな言葉を……。

「こんな結末になるなら…あの日…出会わなければよかった…」

そうだね。出会わなければ…どうなっていたのかな?


カッ!
目覚めるヒスイ。
しかし目覚めたところで、360度闇。
上も下も闇。
何が起こったかは知らんが…まやかすな!!

夜空から受け継いだ力の一喝で闇が晴れる。

庭城

なるほど…!
あれが我が力の眠る城か。

これがヒスイの力……。
もう姫神が言った通りになるしか……。


もしあの日、君と出会わなかったらどうなっていたんだろう?

物語の始まりがフィードバックされる。
サンタと出会う。
自販機の前にたたずむ少女が目に入る。
その少女に声をかける輩が……。

「人の獲物に、手を……」

言い切る前に、誰かが肩を。

西沢&ハヤテ

「よかった。探したよハヤテ君!」

もしもあの日、君を見つけていたらどうなっていただろう?

ナギ&姫神

輩に声をかけられてた少女は、あっさり助けられてる。
マリアが待ってるから帰ろうと、二人連れだって去っていく。

名前も知らない少女。
もう二人に接点は…ない。

残るのはハヤテと西沢さん。
どうして僕を?
だって今日はクリスマスイヴ。

「特別な人と…特別な夜を過ごしたいじゃない」

と、特別な夜って、あ、あの、宗谷くんたちがやっぱりハヤテくんもパーティーにって…!

でも、親に借金押し付けられて、ヤクザに狙われてて、
みんなに迷惑を……。

「迷惑は、かけていいんだよ!!」

ハヤテ君が苦しんでるなら、私はハヤテ君を助けたい!!
困っているなら、私は一緒に戦いたい!!

「なんでも一人で、解決しようとしないで」

ハヤテ君は私にとって、とても大切な人だから…。

こんなときにも、狙ってるヤクザはやってくるわけで……。

「だったらお嬢ちゃんが、一億五千万払ってくれるんかい?」

さっきはああ言ったけど、本当に本当の気持ちだけど、
実際に目の前にするとやっぱり怖い……。

震える西沢さん。

「やめろ!! その人に手を出したら僕が許さないぞ!!」

ハヤテが叫ぶ。
その叫びで、自分を取り戻す西沢さん。

「ハヤテ君!! 逃げよう!! 一緒に!!」

「はい!!」

手を取り合って、駆け出す二人。

あの日、君と出会っていれば、きっと…私たちの未来は      





でも、それは夢。
庭城の中で二人が見る夢。

それは、あったかもしれない未来。
掴めたかもしれない、その手。

ハヤテはこの夢に閉じこもって……、
……消滅してしまうのだろうか?

こうしている間にも、時間は過ぎ去っていく。


関連記事
スポンサーサイト
負けフラグ全開じゃないですか…orz
てかもうやめろよ!すぐそうやって
「私じゃダメだから…」みたいにするの
やめてよ!ずっと応援してる人間だって居るのに…

ともあれ、本当にクライマックス…
いつか作中で畑先生がネタにしてたように
『うる星やつらみたいに最終巻で全員に程よく見せ場を作って綺麗にまとめる』を
目指して、今回は西沢さん回って感じでした。
序盤のハヤテが怖かったのと、いつの間にかハヤテのことを兄やんと呼ぶ咲夜、久々の見せ場が吐血なクラウス、そしてもうハヤテを諦めてしまったアテネ…嫌や!(泣)
僕は意地でも最後の最後にアーたんが笑えることを祈っています!!以上、それではまた来週!!
2017/03/16(木) 21:11:28 | URL | アテネ編で死ぬほど号泣した男 #-[編集]

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://surrealstory.blog135.fc2.com/tb.php/2008-3b32fe02

プロフィール

ユーノ

管理人 : ユーノ
--------------------------------
連絡等は下記よりどうぞ。
メールアドレス
surrealstory.blogユーノgmail.com
ユーノを@に換えてください。
Twitter
http://twitter.com/hiro1974_yuno
通常使用しています。
http://twitter.com/surrealstory
ブログ用のアカウントです。
(記事更新ツイート、ちょっとした感想等)
※鍵付きです
--------------------------------

web拍手 →web拍手 by FC2
こちらもポチッとお願いします!

応援バナー

ハヤテのごとく!SNS ハヤテのごとく!SNSバナー ハヤテのごとく!Cuties ハヤテのごとく!Cuties はじめまして。「それが声優!」 はじめまして。 ハヤテのごとく!オンリーイベント 執事とらのあな10

FC2カウンター

100万HIT達成!ありがとうございます!

カテゴリー+月別アーカイブ

 

最近記事+コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブクログ - web本棚サービス

アニメBD&DVD

TVゲーム

RSSリンクの表示

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる